データは全世界で一番価値のある商品(原資材)である。
White Paper

Icarusはガバナンスオンチェーンとデータオフラインを管理する初の完全なデータ中心の共有レジャープロトコルである。

データはフェイスブックやグーグル、アマゾンまで世界で一番影響力のある会社たちに動力を提供している。

しかし、クラウドサービスを使ってデータをホスティングして管理するには、ユーザーのデータに関する制御権を中央集権化した大手企業に渡すしかない。

Icarus Network はガバナンスオンチェーンとデータオフラインを管理する初の完全なデータ中心の共有レジャープロトコルである。Icarus Network は取引手数料がなく、無限な量(及び種類)のデータを保存してEthereumと後方互換も可能である。

Icarusはデータ中心の分散型dAppを開発および管理するための拡張可能なソリューションを、事業家から企業までに提供する。

Architecture

ICARUS 核心構成

Icarus Network フラットフォームは、オンチェーンビジネスロジックとオフラインデータ管理、そしてこれらを連結するIcarus Virtual Machineであると知られている。

全体構造は、事業家から企業に一つのブロックチェーンプロトコルで取引手数料なく、拡張ができて安全なdAppを構築するために必要なツールを提供する。

dAppは分散されているので、データも同じでなければならない。
1世代のdAppは速さ、費用、そしてデータ管理の欠如によって制約があった。
Icarus Artifact Network (IAN)はブロックチェーンに直接記録しないので取引認証に関わる影響を最小限に抑える。
生態系(環境)が一番重要である。
Icarus Network は開発者の認証プログラムを始めることからアプリストア、スペシャルイベント、他の組織やコミュニティとの立派なパートナーシップの発見などを大きな優先事項とし、新たなプロトコルを中心として繁栄する生態系の構築に焦点を当てる。
プロトコルはムーアの法則に従うべきである。
Icarus Network は委任非同期持分証明(DAPoS)という新たなコンセンサス方法を使う。
DAPoS は分散型の共有ledgerは維持するが、ブロックとブロックタイムは除去する。DAPoS は取引を個別的に処理して、これを委任したノードグループを通じて通過させるので理論上最大速度が存在せず、迅速で安全な取引の処理ができる。
地球は一つしかない。(意訳:地球は大切である。)
Icarus Network は非常に小さいエネルギーを使うように最適化されている。
ノードは完了する代わりに協業を通じて取引の承認に必要な厄介な手続きを除去する。
移動が簡単である。
Icarus Network はEthereumの全ての特徴と機能を提供し、開発者がガスや拡張性に対する問題なく彼らが自分の作業のアップグレードができるように、追加の制御と機能を提供する。
Ethereumから既存のスマート契約を移行することは簡単である。
アナリティクスは必須である。
データは一番重要な商品(原資材)であるが、セキュリティ、透明性とリアルタイムのデータインテグリティにより、信頼性を守りながらビジネスインテリジェンスとコンプライアンスを提供する。

技術

On-Chain (オンチェーン)

Icarus ledgerは我々のプラットフォームに、ブロックチェーン分野において前例の無い水準の速さと柔軟性を提供する。Icarus ledgerの主な特徴は下記となる。

ネットワークを使う全てのアカウントの状態を維持する。このcommon (一般的な) 状態は取引を伝送して更新ができる。

DAPoSアルゴリズムを使って新たな取引がブロックチェーンに送られる際に迅速に確認する。

DAPoSを通じて各代理人は自分の取引に対する責任を持ち、ゴシップのようなメッセージを通じて、非同期的に合意に至る。取引は芸術契約の形のロジックを含む場合もある。

ビジネスロジック

スマート契約

dAppをカスタマイズしてIcarus Networkに保存しているオフチェーンデータの管理するために使う。すでに開発者たちがEthereumプラットフォームの用に作成した全ての契約の内容はIcarus Networkに簡単に移動ができる。
DAPoS

ブロックチェーン取引の検証のためのIcarus Networkの革新的なアルゴリズムである。競争ではなく、検証者たちの協業を目的としているので、迅速かつ環境に配慮している。
Icarus Network Token

公式Icarus Networkトークンである。トークンは取引の手段、共同体の構築のためのツール、そしてIcarus Network生態系の他の構成要素たちに対する機能的な連結の役割になる。

Off-chain (オフチェーン)

Icarus protocolが大きい規模のデータを処理するようにサポートするさらに重要な特徴は、Icarus protocolがオフチェーンデータ物体であるアーティファクトを処理する方式である。

ブロックチェーンはアーティファクトを直接共有せず、アーティファクトに関する情報を配布する。

この特徴の影響で、ネットワークで管理する情報の量が急増する場合も直線的な成長の維持ができる。

  • ダウンローダーは自分が必要なアーティファクトに一番近いファーマーを探す。
  • ダウンローダーとアップローダーのマッチングはユーザーの依然の取引記録であるHash Tableと対照して確認ができる。
  • アップローダーはハッカーの攻撃を防ぐためにコピー証明保安(Proof of Replication security)を適用する。 定めた取引がこの方法を通じて確認できれば取引の処理をする。この全ての過程は、Icarusで他のブロックチェーンプラットフォームより高速に発生する。

Data (データ)

IAN
Icarus Artefact Networkを通じて、Icarusブロックチェーンがオフチェーンデータの各体と再び連結ができる。アーティファクトという、データを物体の形でオフチェーンに保存することは、システム内の実際のデータが急増する中、シェアledgerを直線的な成長させることができるのでIcarusプラットフォームの長期的な拡張性のために必須的である。
Analytics (アナリティクス)
IcarusブロックチェーンとIAMの間の相互作用のおかげで、アプリケーションは企業が目的を問わず最善を尽くすための必要なデータの閲覧と作成ができる。また、発見したデータに対するアナリティクスを行うことにより、企業経営の全ての側面に対する貴重な経験が得られる。

仮想機械

ICARUS 仮想機械(IVM)

Icarusブロックチェーンはユーザーが状態保存プログラムを作成して実行できるようにするスマート契約をサポートする。

IVMの主な特徴は下記となる:

  • ネットワークを使う全てのアカウントの状態を維持します。この共通 /普通の状態は取引を転送して更新ができます。
  • DAPoSアルゴリズムを使って新たな取引がブロックチェーンに転送される際に迅速に確認ができる。
  • DAPoSでは、各代理人は自分の取引に対する責任を持ってゴシップのようなメッセージを通じて非同期的に合意に至る。取引は芸術契約の形でのロジックを含む場合もある。
スマート契約開発者たちは、依然のプラットフォームから作成したスマート契約を簡単にIcarus Networkの方に移動することができる。これは新たな開発者たちとプロジェクトがIVMから始まる手間を減らし、パフォーマンスを向上させ、リードタイムの短縮することを意味する。

The Roles Necessary for
DAPoS consensus are the:

Icarus Network Ecosystem Partners

Roadmap

Team

Jamie.M
CEO
Steve Miller
CBO
Seong Beom Kim
Legal Advisor
Vitalii Lysiuk
Listing Advisor
Pyeong Soo Ji
Advisor
Jung Jae Kwon
Financial Advisor